恋する便秘

子宮頸がんの誤解

2015年6月26日(金曜日) テーマ:健康

子宮頸がんという怖い病気があります。
まぁ、がんというのは総じて怖い病気ですが。
しかし、現代ではがんは不治の病ではありません。
早期発見早期治療で治癒できる病です。

話を子宮頸がんに戻しますと、このがんは若い世代に多いがんです。
一般にがんと言うと年配の方の病気と言うイメージがありますが、このがんについては違っています。
この事実に対し、「よく使うからがんになっている人が多い」という事を言う人が居るようです。
これは誤解です。
「よく使う」世代に多いのは検診を受ける人が少ないため、初期の段階で見つからないためです。
「がんは年寄りの病気」という誤解が低い検診率の原因の一つでしょう。

この子宮頸がんに詳しいサイトには他にも有益な情報がありますので、是非チェックすべきと思います。